お知らせ

2022年スケジュール決定しました!発達障がいの子どものための支援者養成講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さま、こんにちは!

毎年、名古屋YWCAでは山下直樹先生の発達障がいを学ぶ講座を開講しております。
山下先生は月刊「クーヨン」で連載をしたり、昨年12月にラジオ番組に出演したり、メディアでのご活躍も多いのですが、なんと来週の金曜土曜にNHK「チコちゃんに叱られる!」に出演するとのことです!

さぁ、山下先生はどんな質問にお答えするのでしょうか?!

チコちゃんに叱られる! (NHK総合1・東京)
6月3日(金)午後7:57~午後8:42(45分) 6月4日(土)午前8:15~午前9:00(45分)
今回のチコちゃんの素朴な疑問は…五円玉が金色なのはなぜ?子どもが走り回るのはなぜ?おかきとせんべいの違いはなに?みなさんわかりますか?本田望結が恋バナ披露!? 『NHKホームページより』
さて、今年度も名古屋YWCAの子ども支援講座の予定が決定いたしました。今後、具体的な内容をお知らせしたいと思います。定員が限られていますのでお早めにお問合せくださいませ。

発達障がいの子どものための 支援者養成講座

講座のポイント

■発達障がいを持つ子どもをどう観て、捉えるかの道筋を学 び、最終的に各自でアセスメントできる力を養成します。
■今年は対面授業で内容がよりパワーアップしました。 理論編では講義とワークで基本理論をおさえ、実践編では 事例検討を深く学びます。同日に2講座を開講するので同時受講が可能です。
■リピーターは実践編だけ参加することができ、重ねて学ぶ ことで幅広いケースに対応する力を養うことができます。

支援者のためのベーシック講座  理論編  土曜 13:00-14:30

9月10日「子どもの行動をどう観るか」

・支援者の心構えと視点/アセスメントとは何か
・「気になる」から始まる理解と支援
・子どもの行動の背景を理解する

10月8日 「感覚から子どもの困難を理解する①」

・感覚統合や感覚の困難について
・触覚と生命感覚

11月5日「感覚から子どもの困難を理解する②」

・アセスメントのための聴き方
・運動感覚と平衡感覚

12月10日 「子どもとどう関わるか」

・ほめ上手、伝え上手になるヒント
・言葉によるコミュニケーションの困難を支援するには

支援者のためのケーススタディ  実践編  土曜 15:00-17:00

支援者が日々向き合っている事例を題材にグループでシェアし、ワークやスーパー バイズを通して新しい視点を学びます。

日程:9月10日、10月8日、11月5日、12月10日

・山下先生によるケース説明
・グループワーク(事例検討ワーク)
・先生からの振り返り、まとめ

受講料

理論&実践編(210分x4回):25,000円(税込)※割引価格 理論編のみ ( 90分x4回):12,000円(税込)  実践編のみ (120分x4回):16,000円(税込) ※実践編のみは本講座の過去受講者が対象

申込み要項

場所:名古屋YWCA
定員:各25名
締切: 8月30日(火)(定員に達し次第終了)
申込み方法: 下記の申込みフォーム/Peatix/メールからお申込み下さい
お支払い方法:Peatixもしくは郵便振込(申込後メールにてお知らせ)

講師・著書紹介

山下直樹
1971年、名古屋生まれ。
東京学芸大学障害児教育学科卒業後、渡欧。スイスにあるシュタイナー治療教育施設ゾンネンホーフ附属治療教育者養成ゼミナールにて学び、1998年修了。名古屋短期大学保育科教授、名古屋YWCA個別発達相談室「パティオ」担当。
著書に『もし、あなたが、その子だったら』(ほんの木刊)『「気になる子」のためのわらべうた』(クレヨンハウス)『「気になる子」のとらえ方と対応がわかる本~保育に活かす シュタイナー治療教育』(秀和システム)がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ・見学申込お気軽にどうぞ

【公益財団法人 名古屋YWCA 語学・教育部】

〒460-0004 名古屋市中区新栄町2丁目3番地
■受付時間  火〜土曜日 10時~18時(日・祝・月休み)
■TEL     052-961-7707(代)052-961-7708(直通)

access-map

お問合せ・お申込み